SHOYAN BLOG

I am a pragmatic programmer.

これからの技術書の書き方

技術書は少しずつ書いて有料で公開する。これが、これからの技術書の書き方だと思います。具体的な例としては「はじめるSpring Boot 2」があります。

@Makingさんの記事「紙媒体の技術書を書きたくないです…」に書かれているように技術書を書くには膨大な時間が必要です。それを全て書き終えて出版するには相当の時間がかかります。ITの技術はどんどん進歩しているので、出版される頃には古くなってしまう場合もあります。紙媒体だと内容が間違っていても修正できません。また、出版の期日に間に合わせるために、著者に非常に負担がかかります。今の出版のやり方はデメリットが多すぎるんですよね。

だいたい技術書の内容って全ては必要ない場合がほとんどです。一部だけ読みたいのに全てを購入するのは無駄なのです。これからはnoteなどのサービスを使って有料で出版されるケースが増えてくると思います。そうすれば、自分のペースで書けるし取り分も増えます。読むほうも必要なところだけ買えばいいので無駄がありませんね。

よく読まれている記事

Comments