糸島生活3年目

糸島の海
糸島に移住して3年が経つ。
将来、糸島に移住してみたいという人に向けて、糸島生活を振り返ってみたいと思う。

食べ物がおいしい

とにかく野菜がおいしい。
なぜかというと野菜が新鮮だからだ。
その日の朝に収穫した野菜を当たり前のように買うことができる。
伊都彩菜(道の駅)にいけば新鮮な糸島の食材を安価で手に入れることができる。
スーパーには糸島の地元の農家の人が育てた野菜が当たり前のように置いてある。
野菜にはそれぞれ生産者の名前がついている。生産者がわかるということがこれだけ安心できるとは糸島で生活するまではわからなかった。
糸島といえば野菜というイメージがあるかもしれないが、野菜以外にも美味しい食材はたくさんある。
おすすめなのは、鯛と一貴山豚だ。
実は糸島の鯛の水揚げ量は日本一なのだ。
また、一貴山豚はその辺のスーパーに売ってある豚とは一味違う。
是非一度食べていただきたい。

おしゃれなカフェやお店がたくさんある

糸島にはおしゃれなカフェやお店がたくさんある。
一度行ってほしいお店はカレントというカフェ。
天気のいい日のモーニングがおすすめだ。

パン屋がたくさんあってクオリティが高い

糸島はパン屋が驚くほど多い。
近所には6件のパン屋がある。
そして、パンのクオリティがとても高い。
最近、NOANというパン屋がオープンしてそこがお気に入りだ。

福岡市内へ通勤がしやすい

JR筑肥線と地下鉄が直結しているので、乗り換えなしで天神、博多へ行くことができる。
また高速バスが運行しており、知人の方は高速バスで通勤している。
時間自体は電車とあまり変わらないらしい。

車はあったほうがいい

公共交通機関があまり発達していないので車を持っていたほうがいい。
海沿いや山の中によいお店があったりするので、そういうところに行くにも車が必要だ。

水道代がけっこう高い

庭のバラ
庭のバラ
水道代が高いので、庭の水やりにけっこう気を使う。
とはいえ、普通に生活する分には問題ないと思う。

子供の医療費控除について

子供がいると何かと医療費にお金がかかる。
糸島の子供の医療費控除は他の市区町村と比べるとあまりよくない。
外来・・・小学校就学前まで
入院・・・小学校3年生まで
糸島市議会でも問題として上がっており、将来的には他の市区町村と遜色ないレベルになるのではと思っている。

 

*平成28年10月1日から制度が変更されました。
入院:小学3年生から中学3年生へ
通院:就学前から小学6年生へ

平成28年10月1日から子ども医療費助成制度が変わります

移住するにあたっての補助

糸島移住
糸島移住
以下のような制度がある。
マイホーム取得奨励金

まとめ

糸島生活は自然を感じて暮らすことができる。
しかし、不便な生活を強いられるということはなく、福岡市内とそれほど変わらない生活を送ることができる。
糸島には特徴あるよいお店がたくさんあり、あなたのお気に入りのお店を探してみてほしい。

糸島での生活を私はとても気に入っており、今後も糸島での生活を続けていくつもりだ。

糸島での移住について迷っているのであれば、まずは西区や筑前前原あたりに引っ越してみて生活してみることをおすすめする。
実際に私は西区の周船寺で1年ほど生活して定住することを決意した。
疑問点などあればコメント、もしくは、お問い合わせにて気軽に相談していただきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA