糸島芸農のお手伝いをしてきた

知人のつてで糸島芸農というイベントのサイト作りのお手伝いをさせていただいた。
糸島国際芸術祭2016 糸島芸農

糸島芸農は国内外の作家が集まり糸島二丈松末地区で作品を展示する芸術の祭典だ。

店番のお手伝いもさせていただくことになったのでお手伝いに行ってきた。
あいにく車が使えなかったので電車で行くことに。
一貴山駅で下車。
一貴山は遠い印象だったけれど、印象よりはるかに近かった。
筑前前原駅から電車で8分くらいだ。

そこから歩いて会場のStudio Kuraまで。
徒歩で15分ほどだ。
田んぼが広がるのどかな道が続く。
途中で面白い田んぼを見つけた。

img_1445

自分の担当は第2レジデンスで外国人の作家さんの作品が展示してあるところだ。
場所と時間しか聞かされていなかったので、とりあえずスタッフっぽい人を探して話しを聞こうと思っていた。

第2レジデンス
第2レジデンス

ところが行ってみると外国人の作家さんしかいない。
片言の英語で自分がスタッフであることを伝えた。
まずは作品を紹介するとのことで作品の紹介をしていただいた(もちろん英語で)。

正確に聞き取れたかどうかはあまり自信がないが概ね、以下のようなことを説明していただいた(と思う)。

プロジェクターとマスキングテープを使った作品を展示していて、プロジェクターは日本製。
日本ではあまり見かけないプロジェクターだがヨーロッパでは結構流注しているとのことで、日本製のものはメンテナンスがしやすいと言っていた。
10台ほど持っていて、ロンドンから運んできたとのこと。

シンガポール人、イギリス人(多分)やインド人の作家さんがいてグローバルな感じだった。
イギリス人とインド人の英語はほとんど聞き取れなかったが、グーグル翻訳を使ってなんとかコミュニケーションをとることができた。

オススメのレストランを教えて欲しいと言われたが、外国の方に紹介するのは難しい。
和食がよいとのことで、和食が食べれるところになるとかなり限られてくるからだ。
最終的にはドライブイン鳥になった(和食かどうかは疑わしいがリストにあげたお店ではここが好評だった)。
時間と人数を聞いて予約(満席で予約が取れなかったが。予想以上の人気である)。

私は英語はほとんど話せないのだがなんとかなるものだ。
貴重な経験をさせていただいた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA