バラって育てるのは簡単なんです

月日が経つのは早いもので、あっという間に6月を迎えました。
今年もバラが咲きました(もう花自体は終わってしまいましたが・・・)。
バラの花は本当にきれいで一気に庭が華やかになります。
今年は剪定をサボってしまい、花つきが悪かったのが残念です。来年はきちんとやろう。。。
我が家の庭のバラを紹介します。

ピエールドゥロンサール


一季咲きのつるバラです。たくさん花をつけてくれます。

エリザベス・スチュワート


四季咲きの半つる性のバラです。花よし、香り良しのバラです。今年は剪定を失敗して花つきが悪かったのが残念でした。

エリナローズ


四季咲きの木立性のバラです。黄色い大きな花が特徴です。

アンジェラ


四季咲きのつるバラです。ピンクのたくさん咲く花がインパクト大です。植えて2年目なのでまだまだ小さいですが、成長が早いので来年が楽しみです。

バラって育てるのは簡単なんです

バラは病気や虫がついて手間がかかるというイメージを持っている人が多いと思いますが、実際に育ててみるとそんなことはありません。
私は基本的に何もしていないです。それでも、冬の剪定をきちんとしてやればきれいに花が咲いてくれます。

バラの本に関していくつか読みましたが、最終的にはNHK趣味の園芸のローズレッスン12ヶ月に書いてある通りにやれば十分という結論にたどり着きました。

黒星病は毎年発生して落葉はしますが、黒星病は春の花が終わった後に発生するので花は十分楽しむことができます。
秋の花を充実させようと思ったら対策が必要でしょうが、私は春の花が楽しめればいいのでそこまで気にしていません。
黒星病でバラ自体が枯れることはないです。

バラを植えると春の訪れが待ち遠しくなります。
小さい苗なら安価で購入できるのでバラを植えてみてはいかがでしょうか。

バラが咲きました

庭のバラが咲きました。

我が家の庭が一番賑わう季節です。

庭のバラ
庭のバラ

 

1番お気に入りのエリザベス・スチュワート。

すごくいいバラだと思いますが、ほとんど売っているところを見かけたことがありません。

花もたくさんつくし、病気にも強い強健なバラです。

香りもよいですよ。

エリザベス・スチュワート
エリザベス・スチュワート

 

ピエール・ドゥ・ロンサールも元気に咲きました。

ピエール・ドゥ・ロンサールは花のボリュームがあるし、たくさん花がつくのでいいですね。

ただし、1季咲きなのでまた来年しか見れないのが残念。

その分、たくさん花をつけてくれます。

ピエール・ドゥ・ロンサール
ピエール・ドゥ・ロンサール

 

今年の秋に植えたアンジェラ。

元気に育っています。

小さなピンクの花が目をひく、派手なバラです。

来年はもっと大きくなってくれるはず。

 

アンジェラ
アンジェラ

 

こうやって生花にしても楽しめます。

生花に
生花に

 

この他にもアイスバーグとエリナローズがいるのですが、アイスバーグは調子が悪くて花が咲きませんでした。

エリナローズは蕾がついているので、もうすぐ咲きそうです。

バラのアーチの復活

暴風で倒れたバラのアーチを復活させました。

バラのアーチ
バラのアーチ

 

フェンスとバラのアーチの間に15cmくらい隙間ができたので、その隙間を埋めるためにパイプを使いました。

このパイプはけっこう安価で30cmで100円くらいです。

組み立ては簡単ですが、専用の接着剤が必要です。

接着剤は300円くらい。材料費は全部で3000円くらいです。

バラのアーチとフェンスを繋ぐ
バラのアーチとフェンスを繋ぐ

これで前よりは安定するはず。あとは台風に耐えれるかどうか。

強風でバラのアーチが倒れる

先日の暴風でバラのアーチが倒れてしまった。

一応、コンクリートで土台を固めておいたが(手抜きだけど)土台ごともっていかれてしまった。

バラの開花を迎える時期なだけに残念でならない。

さて、どうやって修理するか。

強風で倒れたバラのアーチ
強風で倒れたバラのアーチ

庭のバラたち

今春に咲いた庭のバラたち。

ピエール ド ロンサール

つるバラ。
毎年春に大輪の花がたくさん咲く。
まだ植えて1年くらいで小さいので、これから大きく育ってくれるだろう。

ピエールドロンサール

モッコウバラ

つるバラ。
植えて2年で、2mくらいになった。
強健でほとんど手入れをしなくても元気に育ってくれる。
毎年春に白い花がたくさん咲く。

モッコウバラ

エリザベス スチュワート

半つる性のバラ。
房咲きで、たくさんの花が咲く。
香りもよくてお気に入りのバラ。

エリザベス スチュワート

アイスバーグ

木立ち性のバラ。
白くて可憐な花が咲く。
強健のはずだが、黒星病にやられてしまって、現在は痛々しい姿に。

アイスバーグ

どのバラもたくさん花を咲かせてくれた。
黒星病がでてしまい、やはりそれなりに手入れしないと病気は防げなさそう。