高校の同級生と再会。高校卒業して13年後のいま

高校時代に仲のよかった同級生2人と久しぶりに集まった。
高校を卒業してもう13年が経つ。
13年という月日は言葉にすると長く感じるが、実際はあっという間だ。
13年ぶりに再会した友は変わっておらず一目でわかった。
13年経ったがその歳月は感じず、13年前に戻ったようだった。

当時の話しや最近の仕事の話しで盛り上がった。
最近、公務員に転職したWは以前は建築系のブラック会社で働いており、連日深夜の4時頃まで働いていたらしい。
残業代は出ず休みは月に2回。
締め切りに間に合わせるために猛スピードで高速をぶっ飛ばした話しなどをしてくれて、大いに笑わせてもらった。
逆にいまの職場はきちんとしているので、そのギャップになかなか慣れないと言っていた。

13年前と自分はどこが変わったのだろうか。
結婚し子供ができ、多少白髪が増えた。
13年前の夢はプロのギタリストになることだった。
毎日ギターの練習に励んだものだ。
残念ながらその夢は叶わず、いまはどこにでもいる普通のサラリーマンである。
実はサラリーマンには絶対にならないつもりだったが、その絶対ならないと思っていたものにいまはなっているのであった。
とはいえ、サラリーマンもそれほど悪くはない。
同じ業界の仕事を8年ほどやっているとそれなりにできるようになるものだ。
このままサラリーマン道を突き詰めていくのも面白いと思う。
そして、サラリーマンの次の道を思案するのもまた面白い。

これkら13年後、自分が何をしているのかはさっぱりわからないが、13年後も友と居酒屋でおもしろ可笑しく酒を飲みたいものだ。