粗大ゴミは糸島のゴミ処理場に持っていくと安く処分できます

粗大ゴミは糸島のゴミ処理場(糸島市クリーンセンター)に持っていくと安く処分できます。

私は最近、巨大化していた庭のローズマリーを抜いたのですが、大量にゴミが出たのでクリーンセンターに持っていきました。

Fit一杯の量です。重量を計測したところ、40kgありました。

糸島のゴミ処理場へ

これをゴミ袋で処分するとなると100袋くらい必要になりそうなので、単純計算すると54円 × 100 = 5400円くらいかかりそうです。

おそらく業者に頼んでもそれくらいはかかります。

ですので、自分で糸島のゴミ処理場に持っていくのが1番安上がりです。

料金体系について

糸島のゴミ処理場は重さで料金が決まります。

料金は10キログラムまでごとに144円です。

今回のローズマリーであれば40kgなので、144× 4 = 576円 で済みました。

受付・搬入時間

受入は平日のみで、時間帯は9時から12時、13時から16時です。

土曜日・日曜日・祝日及び8月14日・15日、12月29日から翌年1月3日の搬入はできません。

注意事項

糸島市以外で発生したゴミは搬入できません。

また、荷下しは原則として搬入者自身で行う必要があるため、2人以上で行くのが好ましいです(とはいえ、私はいつも1人で行っていますが)。

クリーンセンターまでのアクセス

  • 住所
    〒819-1325
    福岡県糸島市志摩西貝塚122
  • 電話番号
    管理棟:092-327-0111

七輪を買った

七輪を買った。
バーベキューコンロは持っているのだが、片付けが面倒くさい。
もっと手軽なものはないかということで七輪を買ってみた。
ホームセンターで2000円くらい。

サザエを焼いてみた。

七輪

使ってみた感想

少しの炭でいいのでコスパがいい。

バーベキューコンロのように洗う必要もないので片付けも楽だ。

5人くらいであれば七輪1台で十分に楽しめる。

キス釣り

息子が釣りをしたいということで福の浦の砂浜で釣りをした。
竿はグッデイで砂浜釣りセットを購入。
餌は加布里にある釣具屋で買った。

青虫を適当な大きさに切って針にかけ砂浜からぴょいと投げる。
どうせ釣れないだろうと思っていたけど1時間半の間にキスが3匹とクサフグが3匹釣れた。

キス

クサフグは食べれないのでリリース。
キスは持って帰って天ぷらに。

時間が遅かったので釣りをしている人はまばらだった。
自分と同じ子供連れの人が釣りに来ていて、大野城からわざわざ来たとのこと。

福の浦の砂浜にて

砂浜の釣りは初めてだったが、是非ともおすすめしたい。
椅子と小さなテーブルを用意してコーヒーでも持ってくれば最高だ。
魚がかかっても合わせる必要もないので、待ってる間は本を読んだり海を眺めたりと好きなことをすれば良い。

糸島芸農のお手伝いをしてきた

知人のつてで糸島芸農というイベントのサイト作りのお手伝いをさせていただいた。
糸島国際芸術祭2016 糸島芸農

糸島芸農は国内外の作家が集まり糸島二丈松末地区で作品を展示する芸術の祭典だ。

店番のお手伝いもさせていただくことになったのでお手伝いに行ってきた。
あいにく車が使えなかったので電車で行くことに。
一貴山駅で下車。
一貴山は遠い印象だったけれど、印象よりはるかに近かった。
筑前前原駅から電車で8分くらいだ。

そこから歩いて会場のStudio Kuraまで。
徒歩で15分ほどだ。
田んぼが広がるのどかな道が続く。
途中で面白い田んぼを見つけた。

img_1445

自分の担当は第2レジデンスで外国人の作家さんの作品が展示してあるところだ。
場所と時間しか聞かされていなかったので、とりあえずスタッフっぽい人を探して話しを聞こうと思っていた。

第2レジデンス
第2レジデンス

ところが行ってみると外国人の作家さんしかいない。
片言の英語で自分がスタッフであることを伝えた。
まずは作品を紹介するとのことで作品の紹介をしていただいた(もちろん英語で)。

正確に聞き取れたかどうかはあまり自信がないが概ね、以下のようなことを説明していただいた(と思う)。

プロジェクターとマスキングテープを使った作品を展示していて、プロジェクターは日本製。
日本ではあまり見かけないプロジェクターだがヨーロッパでは結構流注しているとのことで、日本製のものはメンテナンスがしやすいと言っていた。
10台ほど持っていて、ロンドンから運んできたとのこと。

シンガポール人、イギリス人(多分)やインド人の作家さんがいてグローバルな感じだった。
イギリス人とインド人の英語はほとんど聞き取れなかったが、グーグル翻訳を使ってなんとかコミュニケーションをとることができた。

オススメのレストランを教えて欲しいと言われたが、外国の方に紹介するのは難しい。
和食がよいとのことで、和食が食べれるところになるとかなり限られてくるからだ。
最終的にはドライブイン鳥になった(和食かどうかは疑わしいがリストにあげたお店ではここが好評だった)。
時間と人数を聞いて予約(満席で予約が取れなかったが。予想以上の人気である)。

私は英語はほとんど話せないのだがなんとかなるものだ。
貴重な経験をさせていただいた。