SHOYAN BLOG

I am a pragmatic programmer.

日本語を使う外国人があまりにも少なすぎる現状

こんにちは、SHOYANです。

最近の北朝鮮の状況を世界はどう見ているのだろうかと、海外メディアを見ることが多くなったこの頃。NewYorkTimesを見ていた時に英語版の他に、中国語版とスペイン語版があることに気づきました。このようなところで、国の影響力の強さをうかがい知れたりするものです。

スペイン語は世界で4位

中国の人口とGDPを鑑みると、中国語版があることは納得できます。スペイン語版があるのはなぜなのかと疑問に思ったので、スペイン語が世界でどれくらい使われているのかを調べてみました。WikipediaのList of languages by total number of speakersによるとスペイン語を使う世界の人口は4位で、およそ5億人がスペイン語を使っています。これは、16世紀ごろにスペインが世界中に築き上げてきた植民地、スペイン帝国のなごりだと考えられます。

第2外国語としての日本語のスピーカーがあまりにも少ない

言語別に見てみましょう。

順位 言語 母国語として話す人 第2外国語として話す人 話す人の合計
1位 中国語 8億9700万人 1億9300万人 10億9000万人
2位 英語 3億7100万人 6億1100万人 9億8300万人
3位 ヒンディー語 3億2900万人 2億1500万人 5億4400万人
4位 スペイン語 4億3600万人 9100万人 5億2700万人
5位 アラビア語 2億9000万人 1億3200万人 4億2200万人
6位 マレー語 7700万人 2億400万人 2億8100万人
7位 ロシア語 1億5300万人 1億1300万人 2億6700万人
8位 ベンガル語 2億4200万人 1900万人 2億6100万人
9位 ポルトガル語 2億1800万人 1100万人 2億2900万人
10位 フランス語 7600万人 1億5300万人 2億2900万人
11位 ハウサ語 8500万人 6500万人 1億4800万人
12位 パンジャーブ語 1億4800万人 ? 1億4800万人
13位 日本語 1億2800万人 100万人 1億2900万人

日本語は13位です。第2外国語として話す人の人口も公開されているのですが、なんと日本語は100万人程度です。
他の言語に比べてあまりにも少なすぎる。これは日本だけ間違っているのではないかと勘ぐりたくなるくらいの違いです。地理的な要因が大きいと考えられますが、外国人から見て日本という国はあまり魅力的ではないのかもしれません。

よく読まれている記事

Comments