SHOYAN BLOG

I am a pragmatic programmer.

Google Spreadsheetsを使ってデータの分析をする

データの分析によく使われるエクセルですが、Google Spreadsheetsでも様々な関数が用意されています。
関数を使えば日付の差分を調べたり、特定の条件に一致するデータをカウントすることができます。
Google Spreadsheetsを使ってデータの集計、分析をするためのTipsの紹介をします。

日付の差分を調べる

例えばユーザーの契約日数を調べたいとしましょう。
DATEVALUEを使って以下のように計算できます。

1
=DATEVALUE("2016/05/17") - DATEVALUE("2016/05/01")

セルを指定することもできます。

1
=DATEVALUE(A2) - DATEVALUE(A1)

月で表示したい場合は30で割ります。
FLOORは小数点を切り捨てるために使っています。

1
=FLOOR((DATEVALUE("2016/05/17") - DATEVALUE("2015/05/01"))/30, 0.1)

特定の条件をカウントする

例えば、契約期間が1年未満のユーザーをカウントする場合はCOUNTIFSを使います。

1
=COUNTIFS(A1:A1000, "<365")

COUNTIFSは複数条件を指定できます。
契約期間が1年以上〜2年未満のユーザーをカウントするということができます。

1
=COUNTIFS(A1:A1000, ">=365", I3:I1009, "<730")

点数を分析する

平均点を求めることは AVERAGE を使えばできます。
平均だけでなくばらつきを求めると違った角度でデータを捉えることができます。
ばらつきは標準偏差を求める関数 STDEVPで求めることができます。

1
= STDEVP(A1:E1)

例えばそれぞれの項目にたいして点数をつけるアンケートがあるとします。
以下の2つの項目は平均点は同じですが、標準偏差を求めるとばらつきがあることがわかります。
標準偏差を使えばこのようなデータを見つけることができます。

点数         平均点 標準偏差
6 7 9 7 6 7 1.095445115
8 5 10 7 5 7 1.897366596

サンプルを用意しました。参考にどうぞ。
https://docs.google.com/spreadsheets/d/1bOc3s8ikFcbBPGuzxDbRzd8KVT00lgQUDz275TJAIoE/edit#gid=0

よく読まれている記事

Comments