SHOYAN BLOG

I am a pragmatic programmer.

Iptablesことはじめ

iptablesの概念と設定方法を調べました。

iptablesとは

iptablesとはパケットをフィルタリングするためのツールです。
また、NATとしても使えます。

iptablesの用語

iptablesを理解するにあたって必要な用語をまとめました。

TARGETS

iptablesのルールを設定する際に、targetを指定します。
targetはユーザー定義のものと特別なtargetである、ACCEPT, DROP, QUEUE or RETURNがあります。
パケットに対してどんな操作をするかを定義します。

代表的なtargetです。

ACCEPT
パケットを通す
DROP
パケットを破棄する
QUEUE
パケットをキューにためる
RETURN
チェインを辿るのをストップして、評価を行う
REJECT
パケットを破棄し、エラーパケットを返す
DNAT
送信先IPアドレスを変更する
SNAT
送信元IPアドレスを変更する
MASQUERADE
複数の送信元IPアドレスを変更(マスカレード)する
LOG
ログを出力する

Chain

iptablesを設定する際にchainを指定します。
chainにはビルトインchainとユーザー定義chainがあります。
chainはパケットに対する実行条件を定義します。

ビルトインchainは以下です。

INPUT
FORWARD
OUTPUT
PREROUTING
POSTROUTING

TABLES

一般的にはフィルタリングとして使われることが多いiptablesですが、他にも様々な機能があります。
iptablesにはそれをtableという概念で扱っており、5つのtableがあります。

filter
パケットのフィルタリングを設定するためのテーブルです。
デフォルトのテーブルです。tableオプションを明示的に指定しない場合は、filterが指定されたことになります。
INPUT、FORWARD、OUTPUTのChainを含みます。

nat
IPアドレスの変換を設定するためのテーブルです。
PREROUTING、POSTROUTING のChainを含みます。

mangle
パケットの書き換えを設定するためのテーブルです。

raw
接続の追跡の除外の設定をするためのテーブルです。

security
アクセスコントロールの設定をするためのテーブルです。

OPTIONS

iptablesのコマンドにオプションを指定できます。
オプションはいくつかのグループに区別されます。

COMMANDS

iptablesに実行してほしいコマンドを指定します。
以下のようなコマンドがあります。

-A, –append
選択したチェインにルールを追加します。

-C, –check
指定したチェインにルールが存在するかをチェックします。

-D, –delete
チェインからルールを消します。

詳細はiptablesのmanをご覧ください。

PARAMETERS

ルールを作成する際に指定するパラメーターです。

-p, –protocol
ルールの対象となるプロトコルを指定します。

-j, –jump
ルールの対象となるtargetを指定します。

-s, –source
ルールの対象となるアドレスを指定します。
例えば、IPアドレス、ホスト名、ネットワーク名などを指定します。

詳細はiptablesのmanをご覧ください。

OTHER OPTIONS

追加オプションです。

-v, –verbose
詳細表示のオプションです。

詳細はiptablesのmanを参照ください。

iptablesの基本的な構文

基本的には以下のように指定します。

1
iptables [-t table] command chain options target

例えば、ローカルホストからのping(icmp)を許可する場合は以下となります。

1
iptables -A INPUT -p icmp -j ACCEPT

iptablesの基本的な読み方

現在のiptablesの設定を表示するには、iptables -L コマンドを使います。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
Example: Input Chain Rule Table Listing
Chain INPUT (policy DROP)
target     prot opt source               destination
ACCEPT     all  --  anywhere             anywhere             ctstate RELATED,ESTABLISHED
ACCEPT     all  --  anywhere             anywhere
DROP       all  --  anywhere             anywhere             ctstate INVALID
UDP        udp  --  anywhere             anywhere             ctstate NEW
TCP        tcp  --  anywhere             anywhere             tcp flags:FIN,SYN,RST,ACK/SYN ctstate NEW
ICMP       icmp --  anywhere             anywhere             ctstate NEW
REJECT     udp  --  anywhere             anywhere             reject-with icmp-port-unreachable
REJECT     tcp  --  anywhere             anywhere             reject-with tcp-reset
REJECT     all  --  anywhere             anywhere             reject-with icmp-proto-unreachable

1行目がChainの名前で、次にデフォルトポリシーが表示されています(DROP)。
2行目がカラム名です。

target: target名
prot: プロトコル名。例えば、tcp, udp, icmp, or all
opt: めったに使われません。
source: 接続元のIPアドレス or サブネット or anywhere
destination: 接続先のIPアドレス or サブネット or anywhere

iptablesコマンドの使い方

いくつかの例を紹介します。

特定のサーバーからのhttp通信を許可する

1
2
3
# iptables -A INPUT -p tcp -s 192.168.1.1 --dport 80 -j ACCEPT
# 設定を保存
# service iptables save

ルールを消す

iptables -D ルール で消すことができます。
iptables -S でルール一覧がでるので、そのルールを指定すれば簡単です。

1
2
# iptables -S
-A INPUT -s 157.7.105.69/32 -p tcp -m tcp --dport 80 -j ACCEPT

以下のコマンドで消します。

1
iptables -D INPUT -s 157.7.105.69/32 -p tcp -m tcp --dport 80 -j ACCEPT

参考文献

よく読まれている記事

Comments